ラブサーチで「好みの女の子を探せる機能」を徹底解説!「お相手探し」を使いこなそう

2017-07-17

ラブサーチの実績

こんにちは、セイヤです。

出会い系サイトには、実は色々な機能があります。

今回ご紹介するラブサーチも同じく、ホントに多機能で、つい色々と触ってみたくなる。

 

けれども、「女の子と出会う」という目的を達成するために必要なのは、3種類の機能のみ使いこなせればOKです。

その3種類とは――

  • プロフィール検索
  • メール
  • 掲示板

そのうちメインで使うのは、1と2のみです。

 

つまり、好みの女の子を探して、アプローチメールを送る。
メールのやり取りをして、実際に会う。

単純だけど、これが一番出会える確率が高いんですよ。

慣れてきたら、掲示板もあわせて使ってみてもいいかな、ってくらい。

 

女の子を探すための機能「お相手探し」

では、早速女の子を探すための機能「お相手探し」を使っていきましょう。

メニューバーの「お相手探し」をクリックすると、プロフィール検索の基本検索画面が開きます。

ラブサーチで好みの女の子を探すための機能

ラブサーチの異性を検索する機能は5種類。
豊富に揃えられているので、使いこなせればたくさんの女の子との出会いを得られますよ。

 

■基本検索
スタンダードな検索方法で、年齢と現住所を絞り込むために使います。
「プロフィール写真あり」のみの女の子を探す、といってこともできます。

■詳細検索
基本検索以上に細かい条件設定ができるので、色々と試してみてください。
体型や趣味などで絞りこめるため、かなり使えます。

 

■写真検索
写真一覧で女性を見ることができます。
ただ、全国が対象で地域で絞り込む機能がないため、そこまで便利でもないかも。

■キーワード検索
特定のキーワードで検索できます。
趣味や好みなどで絞りこめるものの、全国対象なので、あまり使う機会はこないかも。

 

■赤い糸
あなたの好みの条件を設定すると、それに合った人を紹介してくれる機能。

これを使った結果、出てきた人に「赤い糸で繋がってるみたいなので、メールしました」
なんてメールしてみると、返信率が高まりますよ。

ただ、これも全国が対象なので、使いにくさはあります。

 

数をこなす、が基本戦略

大切なポイントは、条件を絞り込みすぎないことです。

ラブサーチは「定額制」なので、たくさんメールを送る男性がいる。
そんな状況のなか、1人2人にメールを送ったとしても、返ってこない可能性が高いんです。

だから、まずは候補を10人見つけて、それぞれに送ってみてください。

10通送って、どんな女の子に送ったどんなメールに返信されたのか、をチェックしてみる。

すると、どういうメールが女性に好まれるのか、ってことがだんだんとわかってきます。

 

それで、傾向と対策を掴んでいく。
どんどんメールの返信率が上がっていくのがわかると思います。

ただ……テンプレートを利用してメールを送るとしても。

正直なところ、面倒くささを感じてくるんですよね。
単純作業になっていくから。

で、文章の作り込み(クオリティ)が甘くなったり。
誤字脱字が出てきたりする。

 

でも、それでは返信されなくなります。

まぁ、メールを受け取る女の子の気持ちを想像してみればわかることですが…

名前を間違えられたら「コピペしてるのかな?」と疑問に思われるし。

誤字脱字があったら、メールが雑に作られていることに気付いて返信する気をなくすでしょう。

 

せっかくの会える機会を逃さないために、この辺は特に注意を払ってください。

面倒くさくなってきたら、集中力が回復するまで一旦休みを取るとかね。

では、次は女の子からメールが返ってきた場合の返事の仕方・対処方法を解説していきます。

↓↓↓
やった!女の子から返信が来たぞ!で、次はどう返事すればいいの?


上に戻る