女の子とメールが続かない…どうして返信されないの?

2017-07-12

女の子とメールが続かない

こんにちは、セイヤです。

実は、メールの3通目~4通目に、大きな壁がある、ってことをあなたは知ってましたか?

最初にメールを送って、返信されるかどうかが第一の壁。
そして、3往復~4往復のメールが第二の壁です。

どうしてそこに壁が存在するのか? それはどんな壁なのか?

 

第一の壁「ファーストアプローチ」はどのように攻略すればいい?

最初のメールに返信してもらえるかどうかは、ファーストアプローチにかかっています。

つまり、ファーストメール戦略が重要になってくる。
でも、ここは簡単に攻略できます。

コツを覚えれば、スルスルいきますからね。

ちなみに、ファーストアプローチはこの方法で成功まで持っていくことができます。


初メールテンプレートでどんどん女の子にアプローチ!

難しいのは第二の壁です。

 

第二の壁を攻略する方法

その壁の正体は、「飽き」です。

天気の話、仕事の話、趣味の話、食べ物の話…
どれも会話の導入部分として使うのはいいのですが。

そればっかりだと、変わり映えしなくて飽きてくるんです。

 

無難な話ばかりだと、つまらないと思われる、ってこと。

もちろん、1通目~2通目は、無難な話にしておく必要があります。

いきなり突っ込んだ話をすると、女の子に返信してもらえないので。

 

でも逆に、3通目~4通目は、もっと突っ込んだ話――相手の女性が「面白い!」と感じる話題を出さなければいけません。

 

相手の興味を引く話題を提供しよう!

では、女の子が「面白い!」と感じてくれる話題とは、どんなものか?

たとえば、恋愛話に持っていったり。
「○○さんは好きな人いたりします?」

 

より親しくなるために、愛称で呼んだり、タメ語を提案したり。
「友達にはなんて呼ばれてるんですか?」→「じゃあ○○ちゃんって呼ぶね」
「そろそろ敬語やめません?○○さんと仲良くなりたいんで」

無難な会話から、もっと距離を縮めることを意識した内容にしていく、ってこと。

そうすれば、飽きることなくメール返信してくれるし。
興味を持ってくれやすくなります。

 

工夫する必要があるので、最初は大変かもしれませんが――

これができるようになると、一気に相手との心理的距離が縮まりますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

では、次は直アドを聞き出していきましょう!


メールを卒業して直アド(LINEなど)を聞き出そう!


上に戻る