ワクワクメールで嫌な人に会ったときは無視リストを使おう

ワクワクメールの無視リスト

こんにちは、セイヤです。

出会い系サイトでメールのやり取りをしていると、嫌な人にぶち当たることもあります。

たくさんの人とやり取りするのが当たり前の世界ですから。

一番よくあるのが、業者やキャッシュバッカー、援助とか。
あるいは、構ってちゃんとか、まぁ色んな人がいますよね。

 

そんななかで、これ以上この人とはメールしたくないな…と思ったとき、どうすればいいか?

ワクワクメールの場合は、「無視リスト」というものが用意されています。
これを使ってください。

無視リストの使い方と効果

この無視リストに入れておけば、相手はメールを送ることができなくなり、さらにはこちらのプロフィールも閲覧できなくなります。

検索結果にすら表示されなくなるので、以降2度と関わらなくて済むようになる。

使い方は実に簡単で――
相手のプロフィールページの下部にある、【無視リストに入れる】をクリックするだけ。

 

ただし、無視リストに入れたことは相手にも分かるようになっています。

なぜなら、リストに入ってからメールを送ろうとすると「○○さんとやりとりすることはできません」と表示されるから。

まぁでも、これを使った相手とは、2度と関わりを持たなくて済むので、我慢できなくなったらバンバン使うべきでしょう。

誰かに遠慮してもいいことはありませんしね。

ちなみに、無視を解除することもできます。

マイリスト

無視リスト

解除したい相手の名前にチェックを入れて解除

これだけの簡単操作で利用できますよ。

 

自分が無視リストに入れられたときの対処法

もし、あなたがメールを送ろうとしたとき
「○○さんとやりとりすることはできません」
と表示されたら。

無視リストに入れられたんだな、と考えてください。

もし、このような対応をされてしまったら、どうして無視リストに入れられたのかを考えてみる。

そして、次に活かすようにしてください。

 

そうすれば、さらに成長して、次の女の子とやり取りを開始することができますよね。

反省して成長すれば、実際に会える確率も上がります。

基本的には、この対応がお勧め。

 

つまり、気にしすぎず、次に行く。

ただ、どうしても復活させたい!と思う方のために、救済措置が用意されています。

「最後の一通」メールを送れるようになってるんですね。

名前のとおり、最後に1通だけメールを送ることができる機能です。

 

最後の一通は送るべきか?どんなことを書けばいい?

ただし、相手側からすれば、無視リストに入れるくらい嫌な相手から最後とはいえ一通届くわけで。

無視される可能性は高い。

なのに、通常のメールと同じように5ポイントかかるので…
基本的には使わない方が良いと思います。

 

でも、どうしても復活させたいという場合は、無視リストを解除してもらうことを目的に最後の一通を送るのもあり。

じゃあ、どんな内容のメールにすればいいか?

目的は、無視リストを解除してもらうこと。
ただ、一度無視リストに入れられた以上、簡単に解除してもらうことはできません。
やるならダメ元で。

内容は、相手の立場に立って考えてください。

 

つまり、読んで「もう一度メールしてもいいかな」と思える内容にする。

それを考えれば、どんなメールを書けばいいのか、わかるのではないでしょうか。

もう少し具体的に言えば。
もし、自分が無視リストに入れた人からメールを貰ったとして。

どんな内容だったら読む気になるか?

 

無視リストに入れたことを責めるような内容とか。

または、言い訳が並んでいるとか、謝罪ばかりのメールとか。
読みたいと思いますか?

それよりも、「今までメールしてくれてありがとう」とか、「メール楽しかったよ」とか。

そういったポジティブな内容の方がまだ最後まで読む気になりますよね。

それで、最後に「もう一度話をしたい」っていう内容のことを書いておけば、ワンチャンスあります。

 

ワクワクメールには、この無視リストがあるから、安心して利用できる面もあります。
何せ、簡単にブロックできますから。

万が一無視リストに入れられたとしても、最後のワンチャンスとして最後の一通メールが送れるというのもありがたいですね。

ほかの優良出会い系サイトでも見ない機能ですが、あると便利なことは間違いない。

この辺、ユーザーのことをホントによく考えていると思います。


ワクワクメール徹底レビュー 業界最高峰のコスパの良さで人気!


上に戻る