ワクワクメールの伝言板の使い方 実はかなりお得な機能なんです

ワクワクメールの伝言板の使い方

こんにちは、セイヤです。

ワクワクメールには、メイン機能として使える「伝言板」という機能があります。

この伝言板の使い方次第で、ポイントをほとんど使わずにサイトを利用することも可能になります。

なぜなら、メール1通を送信するのに5ポイントかかるのに対して、伝言板なら無料~2ポイントで使えるから。

実は相当お得な伝言板機能について 使えば使うほどお得!

メールの代わりに使うことで、半分以下のポイントで済むようになる、ってこと。

単純に考えれば、同じポイントで2倍以上の人とやり取りをすることができるようになるわけです。

使わないと損な機能、と言えますね。

メール

最大文字数:1000文字
ポイント消費:5ポイント
閲覧範囲:自分と相手のみ

掲示板「全員に公開」

最大文字数:60文字
ポイント消費:無料
閲覧範囲:全員

掲示板「ひそひそメッセージ」

最大文字数:60文字
ポイント消費:5ポイント
閲覧範囲:2pt

 

ひそひそメッセージは、相手だけにメッセージを伝えられる機能です。

ただ…こちらを見てもわかるとおり、書ける文字が少ないことがデメリット。
掲示板とメールを使い分けるのがベストな使い方、と言えます。

では、具体的にどのように使い分ければいいのか?

 

具体的な伝言板を利用方法は?

伝言板の消費ポイント欄を見ると、つい無料の「全員に公開」を使いたくなりますが。

実は、無料の方は、そこまで有用なものではないんです。

理由としては、全員に見られているという状況が、女性からの返信をためらわせるから。

 

誰にでも見られるとわかっているなかで、プライベートなことなんて話せませんよね。
だから、自然と女性からの返信率は低くなります。

で、逆にバンバン返信してくるのは、業者や援助などの金銭目的の人たちです。

そしてさらに、女性は同時にたくさんの人とやり取りしている人を信用しません。

軟派なイメージがついて、印象が悪くなります。
けっこうなデメリットがあるわけですね。

 

本当に使えるのは、「ひそひそメッセージ」の方。

自分と相手のみにしか見えないため、メールとほぼ同じように使えます。

書ける文字数が少ないものの、短いメッセージでいいならガンガン使っていくべきですね。

何せ、メールの半分以下のポイントで利用することが出来ますから。

 

公開範囲は自分と相手のみなので、返信率は当然高くなります。

ただ、やっぱり最大文字数が60文字っていうのが弱点ですね。
お互いのことを話して、コミュニケーションを深める用途には向いていないと言えます。

しかし、相手に興味を持ってもらうための挨拶だったり、短いメッセージを送るために活用すれば――

メールと使い分ければ、コストを抑えることができます。

あなたもぜひ、うまく活用してください。


上に戻る